ダイヤモンドの4Cについて

世界中でダイヤモンドの品質を評価する基準として、G.I.A.(米国宝石学会)の品質評価国際基準に基づいた”4C”と呼ばれる
Cut(カット=輝き)Carat(カラット=重さ)Color(カラー=色)Clarity(クラリティ=透明度)
の4つの要素のコンビネーションで評価することが広く知られています。

 

《Carat》  カラット

カラットとは宝石の質量を表す単位であり、1カラット=0.2gと決められています。
同じカラット数でもカットの仕方などで大きさ、印象が変わってきます。

《Collar》  カラー

D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z
Collarless
Near Collarless
Faint
Yery light
Light
無色
ほぼ無色
僅かな黄色味
非常に薄い黄色
薄い黄色

《Clarity》  クラリティ

FL  
IF  
VVS1
VVS2
VS1
VS2
SI1
SI2
I1
I2
I3
10倍拡大でキズや内包物なし 10倍拡大で内包物なし 10倍拡大しても発見が困難な内包物 10倍拡大してかろうじて発見できる内包物 10倍拡大で発見可能な内包物 10倍で容易に発見でき、肉眼でも発見可能

《Cut》  カット

Excellent
Very Good
Good
Fair
Poor
3EX H&C
H&C EX
Excellent
トリプルエクセレント
ハート&キューピッド
ハート&キューピッド
ノーマルエクセレント